艶!スポーツ

美女の「ノーバン」だけじゃない…スペシャルだった交流戦の始球式

【艶!スポーツ】美女の「ノーバン」だけじゃない…スペシャルだった交流戦の始球式
【艶!スポーツ】美女の「ノーバン」だけじゃない…スペシャルだった交流戦の始球式
その他の写真を見る (1/37枚)

 プロ野球のセ・パ交流戦が20日、終了した。2005年にスタートした交流戦も今年で12シーズンが経過し、すっかり定着した感がある。

 とはいえ、普段は別々に戦っている両リーグの試合は特別。試合前に行われる始球式でも、スペシャルな演出が行われた。

 最も話題を集めたのは、お笑いコンビ「アンタッチャブル」の柴田英嗣さんの元妻とのダブル不倫問題が発覚した元「ファンキーモンキーベイビーズ」のボーカル、ファンキー加藤さんが登場した7日のオリックス-中日戦。東京都内で謝罪会見を行った当日に京セラドーム大阪のマウンドに上がり、深々と頭を下げた。

 17日に行われた中日-日本ハム戦では、今夏のリオデジャネイロ五輪で4連覇を狙うレスリング女子の無敵女王、吉田沙保里さんらが登場。ワンバウンド投球に悔しさをにじませた。5月31日の日本ハム-ヤクルト戦では、カーリング女子のロコ・ソラーレ北見のメンバーが、ノーバンとは真逆?のコロコロ始球式を行った。

 バラエティーに富んだ今年の交流戦での始球式。ついつい目を奪われる、美女の「ノーバン投球」ばかりが始球式じゃない-。

会員限定記事会員サービス詳細