ベビーベッドやベビーカー「子供用品」 レンタルで節約OK(3/3ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

ベビーベッドやベビーカー「子供用品」 レンタルで節約OK

 ◆レジャー用品も

 入学式や卒業式、夏休みに活躍するサービスもある。

 ネット通販や動画配信のDMM・com(ディーエムエム・ドット・コム、東京都渋谷区)が展開する「DMMいろいろレンタル」は、家電やレジャー用品、お宮参りや七五三の衣装など4千種類以上を扱う。商品は2カ月前から予約できる。

 入卒シーズンによく利用されるのがビデオカメラやデジタル一眼レフカメラ。6万円前後の一眼レフカメラは、1泊2日で2500円程度だ。

 夏はレジャー用品の人気が高い。バーベキューセットやテントは1泊2日で4千円前後。季節により、クリスマスツリーや正月用品も扱う。

 広報担当の勝野実さんは「入学式用のスーツやカメラ、ビデオをレンタルする人が増えている」と話す。

 レンタルの需要が高まっている理由について、生活総合情報サイト「オールアバウト」の育児用品ガイド、森本博さんは「単に安く済むということではなく、必要なときに使いたいものを選べる楽しさと、不要になったときに手放せる合理性が受けている」と分析。「子供の成長に合わせて、適したものを便利に使う。所有ということにこだわらない人が上手にレンタルを活用している」と話している。