ベビーベッドやベビーカー「子供用品」 レンタルで節約OK(2/3ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

ベビーベッドやベビーカー「子供用品」 レンタルで節約OK

 ベビー用品のレンタルサービス「ナイスベビー」は、ベビーカー、ベビーバスなど300種類以上の商品を扱っている。抱っこひもが人気の「エルゴベビー」などの海外のブランド品も取りそろえ、一部、通信販売もしている。

 レンタルで最も需要があるのはベビーベッド。手前と横の柵が開いて、おむつ替えなどがしやすいベッドは、購入すると4万5千円だが、レンタルなら9カ月で1万2700円だ。赤ちゃんが寝たまま遊べる「ベビージム」は、購入すると1万円前後。レンタルなら半年使って4千円程度で済む。授乳用のクッションは9千円のものが3カ月で3100円だ。

 同サービスを運営する「ベビーリース」(千葉県松戸市)の常務取締役、惣川貴仁さんは「自宅で利用するほか、帰省や旅行で活用する人が多い」と話す。

 インターネットや電話で注文をすると商品が届き、返却時には、同社のスタッフか運送業者が集荷する仕組みだ。

 複数の人が使うレンタルの場合、衛生面が気になるが、ナイスベビーでは返却された商品を、専門のスタッフが洗浄・補修する。商品によっては、有料で新品の指定も可能。レンタル期間中に商品を壊してしまった場合は、無料で交換してもらえる。ただし、部品を紛失した場合などには、実費を負担する。