【ビジネスパーソンの必読書】『成城石井の創業』『日本人の知らないHONDA』『データサイエンティストが創る未来』(2/3ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

ビジネスパーソンの必読書

『成城石井の創業』『日本人の知らないHONDA』『データサイエンティストが創る未来』

「ワイガヤ」から独創

 □『日本人の知らないHONDA』ジェフリー・ロスフィーダー著、依田卓巳訳(海と月社・2000円+税)

 国産自動車メーカーの「二大巨頭」でありながら、トヨタに比べると海外では書籍や論文で取り上げられることの少ないホンダ(本田技研工業)。よく知られているトヨタの「リーン」や「カイゼン」のように、ホンダにもユニークな制度や慣習が存在する。本書では、米国人ジャーナリストの目線でそれらを分析、紹介している。

 著者がとくに注目するのが「ワイガヤ」。形式にとらわれず「ワイワイガヤガヤ」と意見を言い合う話し合いを指す。必要に応じてサッと集まり、役職や立場にかかわらず平等に発言できる。誰もが言いたいことを不規則に言い合う混沌(こんとん)の中から独創的なアイデアが生まれるのだという。

 「ワイガヤ」に象徴されるホンダの慣習は、効率重視でムダを排するトヨタの生産方式と対照的。違った企業文化をもつ2社が「2トップ」となっていることが、日本の自動車産業の大きな強みなのだろう。