仮装に磨き、湯村温泉「全日本かくれんぼ大会」400人参加

仮装に磨き、湯村温泉「全日本かくれんぼ大会」400人参加
仮装に磨き、湯村温泉「全日本かくれんぼ大会」400人参加
その他の写真を見る (1/6枚)

 温泉街を舞台に、仮装をしながらかくれんぼを楽しむユニークなイベント「第17回全日本かくれんぼ大会」が19日、兵庫県新温泉町の湯村温泉で開かれ、約400人が非日常の一日を楽しんだ。

 ルールは参加者が「おに」と「隠れ人」に分かれ、温泉街に隠れた人を時間内に見つけるというシンプルなもの。

 近年では常連を中心に、参加者の仮装に磨きがかかり、人気のアニメやゲーム作品のキャラクターにふんしたり、緻密な仕掛けのある自作のかぶり物で挑んだりと、こだわりのコスチュームで参加する人も増えている。参加者が互いに写真を撮って交流する姿も多く見られた。

 友人と2人で参加した神戸市須磨区の会社員、谷本朱子(あかね)さん(30)は「仮装のテーマは1年をかけて考えたので、賞を取りたい」と話していた。

会員限定記事会員サービス詳細