スポーツ異聞

ついに国際水泳連盟が韓国に最後通牒を突きつけた! 世界水泳の開催権を剥奪か? 

 韓国では、開催中止に追い込まれたF1韓国GPをはじめ、運営が不評だった14年仁川アジア大会、新設競技場の遅延でテスト大会開催が危ぶまれた18年平昌五輪など国際大会で必ずといって言いほど運営能力を疑問視されている。今回はこの不評が上積みされるだけだ。

 開催権が剥奪された場合、光州市は既に支払った開催権料89億ウォンのほかに違約金60億ウォン、サムスンが支払うことになっている開催権料120億ウォンなど計300億ウォン台の損失が生じることになる。韓国メディアは同市関係者の話として「文化体育観光部と緊密な協議している状況で、しばらくしたら公式な見解をFINAに伝える予定だ」と報じ、含みを持たせた。

 今回の事態に韓国のネットユーザーは、取り消しになった場合、大会を推進した関係者を「処罰し、全てを弁償させるべきだ」などと意見した。開催費用として1149億ウォンが設定されている。

会員限定記事会員サービス詳細