22日に日露平和条約締結交渉

 岸田文雄外相は17日午前の記者会見で、北方領土問題を含む日露平和条約締結交渉を22日に東京で開催する予定を発表した。日本からは原田親仁・日露関係担当政府代表、ロシアからはモルグロフ外務次官が代表を務める。

 外務次官級の平和条約締結交渉は昨年9月にモスクワで開かれて以来。5月の日露首脳会談で6月の開催が確認されていた。

 岸田氏は「5月の首脳会談では双方に受け入れ可能な解決策の作成に向け、いままでの発想にとらわれない新しいアプローチで交渉を精力的に進めていくことで一致した。このような首脳、外相間のやりとりを含め、前向きかつ充実した議論が行われることを期待する」と述べた。

 安倍晋三首相は9月にロシア極東を訪れて再び首脳会談を行う見通しだ。

会員限定記事会員サービス詳細