同級生から230万円恐喝 印西の中学生2人を容疑で逮捕

 印西市の市立中学3年生の男子生徒(14)から現金230万円を脅し取ったとして、印西署は15日、恐喝容疑で同級生の男子生徒2人=いずれも(14)=を逮捕した。同署によると、2人とも容疑を認めている。被害にあった生徒は、両親が農機具を購入するため保管していた現金を持ち出していたという。

 3人が通う学校は同日、本紙の取材に対し、「いじめと認識し、重大な事態として対応していく」と述べた。

 逮捕容疑は、5月2~12日、校内で3回にわたり、被害生徒に殴る蹴るなどの暴行を加え「お金を持ってこい」と恐喝。計230万円を脅し取ったとしている。被害者の生徒にけがはなかった。

 同署や学校などによると、逮捕された生徒の1人は被害生徒と同じ文化系の部活動に所属。昨年10月ごろから、逮捕されたもう1人の生徒とともに恐喝を始めた。

 当初は1千~2千円程度を求めていたが、2月以降はゲーム機や音楽プレーヤーを買わせるなど要求がエスカレート。4月下旬からは校内のトイレで腹を蹴る、上履きで額をたたくといった暴行も加え始めた。別の生徒がいじめに加わることもあったという。

 脅し取った現金は、飲食費やインターネットで音楽やアプリを購入するためのプリペイドカードの購入費などに充てたほか、友人らに配ることもあったという。

 5月中旬、いじめに加わった別の生徒の母親が「息子が多額の現金や見知らぬパソコンを持っている」と気づいて被害が発覚した。

会員限定記事会員サービス詳細