蹉跌再び 都知事の資質(上)

「9月まで知事」は自民との密約だった! 一転破局に「話が違う…」舛添氏は必死の電話

【蹉跌再び 都知事の資質(上)】「9月まで知事」は自民との密約だった! 一転破局に「話が違う…」舛添氏は必死の電話
【蹉跌再び 都知事の資質(上)】「9月まで知事」は自民との密約だった! 一転破局に「話が違う…」舛添氏は必死の電話
その他の写真を見る (1/2枚)

 「話が違う」-。舛添要一知事は自民党から辞職を求められた14日夜、同党の国会議員らに電話をかけ続けた。不信任決議案可決の流れは想定外だったのだろう。「9月まで知事を続けるということで、都議会自民党の、しかるべき幹部とは話がついていた」。そう主張する舛添氏の声には、切迫感があったという。

 舛添氏はこの日の夜、土壇場からの巻き返しに奔走した。午後10時12分には黒塗りの公用車に乗り込み、いったんは退庁したものの、そのわずか数分後に庁舎に引き返し、険しい表情で庁舎内に消えた。その間、辞職を求める川井重勇議長(自民)と面談し、約40分後に再び車に乗り込んだ際には伏し目がちだった。

 この面談こそが、舛添氏が辞職に向け、腹を固めた瞬間だったとされる。

×  ×  ×

 世論調査で9割を超す批判を集めながら、都議会開会前の舛添氏は強気だった。「都民の代表である都議会には納得してもらえる説明をする」。そのよりどころとなったのは、都知事選で自らを推した最大会派の自民との密約だったに違いない。「知事とは都政の混乱を避けるため、しばらく続投させることで合意し、公明も納得していた」と自民都議の一人は明かす。

会員限定記事会員サービス詳細