副知事を4人体制に増強 東京

 都議会は15日、副知事を現在の3人から4人体制に増強するため、任期満了の安藤立美・副知事(64)を再任し、川澄俊文・政策企画局長(60)と中西充・総務局長(59)、山本隆・産業労働局長(56)を新たに選任する人事議案を賛成多数で同意した。

 任期は21日から4年間。副知事が4人となるのは、石原慎太郎知事時代以来約4年ぶり。2020年東京五輪・パラリンピックに向け都庁の体制強化を図る。

 【新副知事3氏の略歴】

 川澄俊文氏 早大法卒。昭和55年入都。知事本局総務部長、福祉保健局長などを歴任し平成26年7月から現職。

 中西充氏 早大法卒。昭和57年入都。総務局人事部長、産業労働局長などを歴任し平成25年7月から現職。

 山本隆氏 一橋大法卒。昭和57年入都。会計管理局管理部長、港湾局総務部長などを歴任し平成26年7月から現職。

会員限定記事会員サービス詳細