熊本地震

「ヘリがうるさい」「「避難者が駐車できない」…BPOへの意見・苦情は200件超 メディアへの視線ますます厳しく

 例えば、ヘリ取材をめぐっては、「全て否定してしまうと、被災地の状況が把握できなくなってしまう一面もある」とする委員もいた。報道ヘリは、航空法や各種ガイドラインなどに基づき、一定の高度を保ち、騒音や救助活動への影響に配慮して運用されている。こうした実際の運用体制や目的などを視聴者に丁寧に伝え、活動への理解を求めていくことが必要なのかもしれない。

 安倍さんは今後の改善策として、NHKと民放連が共同で被災地取材のマニュアルを作り、公開することなどを提案。「避難所を中継車などで占拠しないことはもちろん、窓口の担当者と協議し、場合によっては代表取材とすることも必要ではないか。高まる社会の批判に真摯(しんし)に取り組むことでしか信頼を取り戻すことはできない」と強調している。