ヤフー、人工知能(AI)とビッグデータ分析で野球チケット価格を柔軟設定 ホークス戦で実験運用 組み合わせや売れ具合に応じて値段が変わる

 通常は9千円程度のバックネット裏のチケットが、12日の巨人戦は11日時点で9450円、29日のロッテ戦では6300円と約3千円の開きが出ている。

 一方のヤフオクでは、試合の2~3日前から通常価格の1~2割引きで人気席を各試合10席ほど出品している。ただ、12日の巨人戦では、内野にせり出したフィールドシートが約1万3千円から出品され、2万4500円で落札された。

 ヤフーは、来シーズン以降は売れ残りそうな席を安くする変動販売も検討する。さらに、他のスポーツや観劇にも導入したいとしている。

会員限定記事会員サービス詳細