松本真由美の環境・エネルギーダイアリー

外観はまるで美術館 東京・武蔵野市が住宅街にゴミ処理施設を建設するワケ

                 ◇

 ガス・コージェネレーションにより系統電力が途絶した非常時でも焼却炉の立ち上げ、立ち下げができるため、市役所(災害対策本部機能、行政機能)や総合体育館(緊急物資輸送拠点機能)、緑町コミュニティセンター(災害時地域支え合いステーション機能)、緑町ふれあい広場(電灯点灯)の必要な電力を確保することができ、あわせて蒸気も供給することが可能になりました(図)。新施設と近隣公共施設を一括して、特別高圧受電(電圧6万6000ボルト)にしています。

 施設の2階は、中央のごみピット・プラント炉室を取り囲むように広い通路がつくられています。

 「ごみピット、プラント設備、中央制御室もすべてガラス張りにして、2階に見学可能な周回ルートを設け、ごみ処理の仕組みを理解してもらえるようにしました。完成後は誰でも予約なしで自由に見学できます。ごみ処理のプロセスを臨場感もって体験できます」(神谷氏)。見学のほか、環境学習のワークショップなど多様なコミュニケーションの場にする予定です。

 武蔵野市の新クリーンセンターは、環境省の15年度環境・循環型社会・生物多様性白書の中で、防災・減災拠点にもなる廃棄物処理施設の推進事例として取り上げられ、国土強靱化に資する可能性があるとされています。

会員限定記事会員サービス詳細