危ない二人(1)

高須克弥×赤尾由美 赤尾敏が存命ならば「トランプ大統領」をどう見ただろうか?

 由美 だとしたら、伯父の気持ちもよく分かりますね。私も父から引き継いだアルミの製造業を20年営んでいますが、アメリカが中心になって進めてきた「グローバル化」の弊害というのを、ひしひしと感じています。日本の製造業が、もうどんどん追い込まれて駄目になっていくのを、実感しながらやってきましたから。振り返ると、1985年のプラザ合意に始まって、日本はいつもアメリカ経済の都合にあわせて振り回されてきたんですね。伯父がもし生きていれば、この行き過ぎたグローバル社会に対して一言あったと思います。

トランプ大統領になれば独立の好機かも

 克弥 それにしても、アメリカの「植民地化政策」はうま~くできてます。日本を独立させたフリしていますが、現実的には、日本はアメリカの言うことを聞かざるを得ない。憲法9条をつくらせて日本に軍隊を持たせないようにした時から、植民地のままにするための種が蒔いてあったんですよ。だって自国の軍隊を持たない国は独立国じゃないから。

 由美 そうですよね。素朴に考えれば小学生でも分かります。

 克弥 いま、アメリカは大統領選で民主党と共和党が候補者選びをやっていて、共和党は過激なトランプが優勢になっていることが問題になっているけど、トランプが大統領になる方が、日本は本当に独立できるかもしれませんよ。だって、トランプは「なんで、わしらが日本を守ってやらねばならんのだ」と言ってるわけでしょ。彼は、米国が現在も実質は日本を占領しているということまで考えられていなくて、米軍が日本にただで傭兵代わりに使われてる--ぐらいに思っているんですね。

会員限定記事会員サービス詳細