【就活リサーチ】「内定断ったら土下座させられる」? 辞退は早め連絡が一番(1/2ページ) - 産経ニュース

速報

速報

橋本大輝が種目別鉄棒で「金」 屋比久翔平がグレコ77キロ級で「銅」

メインコンテンツ

就活リサーチ

「内定断ったら土下座させられる」? 辞退は早め連絡が一番

 6月1日の選考解禁からはや1週間。企業の採用意欲は大変旺盛ですので、中には複数の企業に内定をもらい、決断を迫られている人もいるでしょう。

 昨年就職活動をした学生の内定社数についてのデータを見ると、内定学生の6割強が複数の企業から内定を得ていました。5社以上も約1割。そうした内定長者が生まれやすい環境は今年も変わりません。今回は、複数の企業から内定をもらったときの対応を紹介したいと思います。

 企業はなぜ頻繁に入社の意思確認をしてくるのでしょうか。企業は、何人採るかという採用計画に基づいて選考を進めます。そして、内定を出した学生のうち実際にどのくらいが入社するかを読みながら、採用をしています。入社の可能性が高いか低いかは、とても重要な情報です。

 企業が一番困るのは「御社に行きます」の一点張りで、ある日突然「やっぱり他の会社に行きます」と辞退されたり、内定式当日に姿を現さなかったりすることです。入社を迷っているのなら、正直に相談しましょう。現場の社員を紹介してくれたり、研究所や営業所などの施設を案内してくれたりと、決め手となる材料を提供してくれるかもしれません。

 忙しい採用担当者にそんなことを要求して内定を取り消されないか心配だ、という人もいるかもしれませんが、その心配は無用です。遠慮なく相談してみてください。