舛添氏追及・都議会一般質問(3)

ヤフオクID「削除は私が行った」 大量の美術品購入に「定期預金の積み立てのよう」と批判も

 舛添氏「絵画の保有と所有根拠についてでございますが、政治資金で購入した美術品は泰山会のスペースで、一部を都庁に搬入しています。所有根拠につきましては、新党改革支部とグローバルネットワーク研究会が所有していたものは、解散した現在、すべて泰山会が所有しているのというが私の認識でございます。しかし調査報告などでは、絵画の譲渡契約書などが存在しないことから、所有関係が不明確になっていることは否定できないとの指摘がありました。今後は批判をまねかぬようにしていきたいと思っております」

 《美術品の管理について、繰り返し早口で説明を続ける》

 舛添氏「議員がご指摘の通り、現物のひとつひとつを確認して明らかにすることで、対応を図っていきたいと思っております」

 舛添氏「出処進退についてご質問がありました。多くの皆様から厳しいご批判を受けております。大変、重く受けとめております。調査結果を基に、反省の気持ちを胸に刻み、都民と都議会の皆様のご理解をいただきたいと思います」

《一礼して答弁を終え、席に戻った。表情には疲れもにじんでいた》

=(4)へ続く