「善の研究」西田幾多郎の旧宅、きょうから解体 京大やグーグルが保存へ

「善の研究」西田幾多郎の旧宅、きょうから解体 京大やグーグルが保存へ
「善の研究」西田幾多郎の旧宅、きょうから解体 京大やグーグルが保存へ
その他の写真を見る (1/2枚)

 「善の研究」などの著書で知られる京都学派の創始者で、京大教授だった哲学者、西田幾多郎(きたろう、1870~1945年)が50代のころに住んでいた京都市左京区の旧宅で8日、老朽化などを理由に解体作業が始まり、報道陣に最後の姿が公開された。

 京大によると、旧宅は木造2階建てで、西田は大正元(1912)~11(1922)年に居住。思索に行き詰まると、2階の外廊下(縁側)を往復しながら哲学と格闘したという。

 晩年、散歩をしながら哲学にふけった琵琶湖疏水沿いの散歩道は「哲学の道」として観光名所のひとつになっているが、京大大学院文学研究科の林晋(すすむ)教授は「旧宅の2階外廊下は、いわば『哲学の廊下』。旧宅に住んでいたのは最も哲学の研究に没頭した時期で、西田にとって一番思い出の詰まった家だった」と解説する。

 解体後、跡地にはマンションが建設される計画。2階外廊下や書斎の一部は京大総合博物館に保存される。また、内部の様子はインターネット検索サイト「グーグル」のストリートビューで近く公開され、旧宅の廊下を仮想体験できるという。

会員限定記事会員サービス詳細