【動画あり】怪現象…あり得ない場所に〝通天閣〟出現! ハルカス展望台「夜のトリビア」(2/2ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

動画あり

怪現象…あり得ない場所に〝通天閣〟出現! ハルカス展望台「夜のトリビア」

 この不思議な現象を最初に発見したのは、あべのハルカスを運営する近鉄不動産の社員、小塚康生さん(30)。5月中旬ごろ、同僚と館内を巡回中に偶然見つけたという。

 「目の前に広がる市内の夜景にふと目を落とすと、あるはずのないところに通天閣がにょきにょきっと生えていた。思わず興奮してスマホで写真を撮りまくりました」と振り返る。

 通天閣がライトアップしている夜間だけの現象で、見る角度や場所を少し変えても、幻の通天閣はたちまち消えてしまう。

文字は逆さま…光の屈折、偶然重なり?専門家も驚き

 一体、なぜこんな現象が起きるのか。

 幻の通天閣をよく見ると、確かに本物そっくりだが、タワー側面の「HITACHI」などの文字は逆さま。このあたりにナゾを解く鍵がありそうだ。

 タワーが景観にもたらす影響について詳しい近畿大理工学部の岡田昌彰教授に写真を見てもらうと、「北東方向に鏡の役割を果たすような大きな構造物はない。光の屈折などの偶然が重なってハルカスのガラスに通天閣のネオンが反射して起きる現象では」との分析。そのうえで「ほかのタワーでは聞いたことがない非常に珍しい現象。大阪の新しい名物になりそうな面白い話だ」と話す。

 知人の男性と一緒にハルカスを訪れ、幻の通天閣を初めて目にした京都市中京区のアルバイト、小川美咲さん(22)は「突然、通天閣が浮かび上がってくる。不思議~」と驚きの声を上げていた。