世界初の快挙か!大阪・海遊館の絶滅危惧ペンギン人工授精、待望のヒナ誕生

大阪・海遊館で孵化したばかりのミナミイワトビペンギンのヒナ
大阪・海遊館で孵化したばかりのミナミイワトビペンギンのヒナ

 絶滅の恐れがあるミナミイワトビペンギンの人工繁殖に取り組む海遊館(大阪市港区)で、4日から6日朝にかけて卵3個が孵化(ふか)した。DNA検査で父親が人工授精した個体と確認できれば、ミナミイワトビペンギンとしては世界初の快挙となる。平成23年から人工繁殖に取り組んでいるものの、繁殖メカニズムは謎に包まれており、昨年も失敗。飼育員らの間では「今度こそ」と期待が高まっている。(上岡由美)

 「あっ、ヒナが生まれそうだ。嘴(はし)打ちが始まった!」

 4日午後3時ごろ、海遊館の展示室。卵の殻を内側から嘴(くちばし)でつつき、しばらくすると1羽のヒナが卵から出てきた。

 体重69・5グラム。「ピィ、ピィ、ピィ」と元気よく鳴くヒナの姿に、見守っていたスタッフはほっと胸をなでおろした。4月下旬から5月にかけて生まれた4個の卵を2組のつがいが交代で温めており、ヒナ誕生の瞬間を待ちわびていたからだ。

 野生のミナミイワトビペンギンは、南大西洋のフォークランド諸島などに生息。国際自然保護連合(IUCN)が定めるレッドリストで絶滅のおそれがある「絶滅危惧種」に選定されており、海外から新たな個体を迎えるのが困難な状態だ。

会員限定記事会員サービス詳細