舛添氏公私混同疑惑

「うまく幕引いた」松井大阪知事がチクリ批判

政治資金などの「公私混同」疑惑について、弁護士(左)の調査結果を公表した東京都の舛添要一知事=6日午後、東京都新宿区(早坂洋祐撮影)
政治資金などの「公私混同」疑惑について、弁護士(左)の調査結果を公表した東京都の舛添要一知事=6日午後、東京都新宿区(早坂洋祐撮影)

 東京都の舛添要一知事が自身の政治資金問題に関する弁護士の調査結果を公表したことを受け、大阪府の松井一郎知事(おおさか維新の会代表)は6日、「うまく幕引いたなと思う」と述べた。堺市内で記者団の質問に答えた。

 舛添氏の調査に当たった弁護士が「違法性はなかった」とした調査結果について、松井氏は「政治資金規正法はザル法だ」と指摘し、「今の法律で違法性はないとなれば、これで都議会も追及せず、幕引きになる」との見通しを示した。

 その上で、舛添氏の進退に絡んで「都民の声をちゃんと聞くべきだ。何を言っても信頼されない人に財布を預けることは都民はなかなか納得しないと思う」と述べ、「次の選挙まで都民が覚えておけばいい」と語った。

 また、大阪市の吉村洋文市長は6日、舛添氏が知事職の続投意向を表明したことについて、「やり直したいのであれば、知事報酬削減や退職金をなくすなど態度で示すべきだ」との考えを示した。

 記者団から感想を求められた吉村市長は「洗いざらい事実を認めて都民に説明し、謝罪する必要がある」と指摘。その上で「最終的には都民の理解が得られるかどうかだ」と話した。

会員限定記事会員サービス詳細