西武鉄道がきゃりーとコラボ、「KPPトレイン」池袋線で出発しんこー!

 西武鉄道は4日、沿線の東京都西東京市(旧田無市)出身の歌手、きゃりーぱみゅぱみゅさんをモチーフにして電車に大胆なデコレーションを施した「KPPトレイン」の運行を始めた。池袋〜飯能駅間の開業から丸100年を迎えたことを記念した企画で、若者の人気が高いきゃりーさんを起用して同社のイメージアップを図るのが狙いだ。

 池袋駅で開かれたセレモニーにポップな車掌服姿で登場したきゃりーさんは「なじみ深い電車とコラボできて嬉しいです」と、元気に出発を宣言。同社の後藤高志会長は「日常にエンターテインメントを加えることで『選ばれる沿線』を目指したい」と挨拶した。

 KPPトレインは、主力通勤形電車9000系の1編成(10両)を、きゃりーさんの代表曲「つけまつける」や「ファッションモンスター」など5曲のイメージで改装した。車体色はおなじみの黄色からショッキングピンクに塗り替え、車内の中吊り広告やステッカーなどはきゃりーさん一色に統一している。

 9月29日まで西武池袋線で運行する。きゃりーさんは海外のファンも多いだけに、同線は訪日外国人客の注目も集めそうだ。