産経抄

回転ずしの飲食代にまで化けた舛添知事の政治資金 1億円の価値とは無縁のみみっちさ 6月2日

 一万円札で1億円分のパックを作ると、縦39センチ、横33センチ、高さ10センチ、重さ10キロの直方体になる。東京・日本橋の日本銀行分館内にある「貨幣博物館」では、模造紙幣で作られたパックを持ち上げることができる。

 ▼偽の白バイ警官は、本物の札が入ったジュラルミンケース3個をあっという間に奪い去っていった。府中市で昭和43年12月に起きた、戦後最大のミステリーの一つ、「3億円事件」である。人々は、事件の謎の深さもさることながら、何より桁外れの金額に衝撃を受けた。

 ▼なにしろ宝くじの1等賞金が、1千万円になったばかりである。当時の日本人は「億」という漢字を、「計り知れないほどたくさん」という本来の意味でとらえていた。平成7年に始まった「今年の漢字」のイベントがもし行われていたら、間違いなく億が選ばれていただろう。

 ▼もっとも10億円単位で土地が転がされたバブル経済の時代を経て、もう誰も、億のカネに驚かなくなった。昨日の社会面は、大阪府内で会社を経営する80代の女性が約5億7千万円の詐欺にあった事件を伝えている。全国のコンビニのATMで約14億円が不正に引き出された事件では、窃盗の疑いで2人が逮捕された。紙面の下にあるのは、ドリームジャンボ7億円の広告である。

会員限定記事会員サービス詳細