訃報

元阪神監督の後藤次男氏死去、92歳 「クマさん」で親しまれ

【訃報】元阪神監督の後藤次男氏死去、92歳 「クマさん」で親しまれ
【訃報】元阪神監督の後藤次男氏死去、92歳 「クマさん」で親しまれ
その他の写真を見る (1/3枚)

 プロ野球阪神で昭和44、53年に監督を務めた後藤次男(ごとう・つぐお)氏が5月30日に兵庫県西宮市内の病院で、老衰のため死亡していたことが2日分かった。92歳。熊本県出身。

 熊本工、法大を経て昭和23年に前身の大阪タイガースに入団。2年目から4年連続打率3割をマークするなど、好打者として活躍した。32年に引退するまで949試合に出場し、通算打率は2割8分3厘。監督は2度務め、44年は2位だったが、53年は球団史上初の最下位に転落。いずれも1年で退任した。

 温厚な人柄と風ぼうから「クマさん」の愛称で選手やファンから慕われ、温かみのある野球解説で知られた。昨年4月7日、甲子園球場で行われた阪神-DeNA戦では始球式を務め、元気な姿を見せていた。