尼崎朝鮮学校の賃料たった年260万円 市、28万円から値上げも標準の10分の1

 産経新聞が入手した別の資料では、市が昨年6月以降法人側と13回交渉を重ねたほか、交渉窓口の市人権課が「学校教育の観点から賃料の年額は基本額の10分の1が妥当で、勘案してほしい」とする意見書を資産統括局長に提出していたことも判明している。

▼朝鮮学校の賃料、大阪では訴訟に 「隠れた補助金だ」と専門家