ガーデニング最高峰の栄冠、石原さんが5連覇

5年連続で金メダルを受賞した石原和幸さんの庭園「ガレージガーデン」(英王立園芸協会提供)
5年連続で金メダルを受賞した石原和幸さんの庭園「ガレージガーデン」(英王立園芸協会提供)

 【ロンドン=岡部伸】国際ガーデニングショーの最高峰「チェルシー・フラワー・ショー 2016」(英王立園芸協会主催)が24日開幕しで、日本の景観アーティスト、石原和幸さんの庭園「ガレージガーデン」が、アーティザンガーデン(庭師)部門の金メダルを受賞した。2012年より5年連続の金メダルで、2006年から計8個になった。

 作品はガレージに英国のミニクーパーを駐車させ、その2階のベランダには紅葉や松に17種のセダムを加えた和洋折衷の庭園で、石原さんはホームページなどで、「車庫に車を置くだけの場所ではない『男の夢が詰まった』庭を評価していただいてうれしい。今後も日本の庭園文化の素晴らしさを世界に伝えたい」とコメントしている。

会員限定記事会員サービス詳細