ステージ 芸

牧阿佐美バレエ団創立60周年 プティの傑作、新制作「飛鳥」…節目飾る

「自分のバレエ団だけでなく、日本中のバレエ団が伸びてほしい」と話す牧阿佐美(戸加里真司撮影)
「自分のバレエ団だけでなく、日本中のバレエ団が伸びてほしい」と話す牧阿佐美(戸加里真司撮影)

 牧阿佐美バレエ団が創立60周年を記念し、相次いで代表作を上演する。6月は縁の深かった仏振付家、ローラン・プティの「ノートルダム・ド・パリ」、8月は奈良を舞台にしたオリジナル作品「飛鳥」を新たに制作し、初演する。日本バレエ界のレベル向上に生涯をささげてきた牧は「60周年を迎えるとは想像していなかった。日本と海外の、牧らしい作品で節目を迎えたい」と話す。(飯塚友子)

 牧は日本バレエ界の草分け、橘秋子(1907~71年)の長女に生まれ、ダンサーとして活躍。米国留学後の昭和31年、母とともに牧阿佐美バレエ団を設立し、数多くの作品に主演した。母の没後は橘バレエ学校長としても多くの舞踊家を育成。新国立劇場の芸術監督(舞踊部門)も長年務めた。

 「民間のバレエ団ですから解散の危機も何度かあった。でも、自分の名前を冠したことで責任が生まれ、頑張るうちにここまで来られたと思います」

会員限定記事会員サービス詳細