速報

速報

猟銃立てこもり、男の身柄確保

検証・文革半世紀(1)

「黒い懐刀」の異名持つ男の復帰が示す習近平政権の未来…「恥を捨てねば生き残れなかった」嵐は再来するか

4月24日、上海市中心部で盛大な葬儀が営まれた。400人が参列し、祭壇を無数の白い花が囲んだ。生前、多くの権力者を追い落として「黒打手」(黒い懐刀)の異名を取った男は、30年近く世間と関係を断った後、再び表舞台に現れたばかりだった。男の名は戚本禹(せき・ほんう)(84)。毛沢東の秘書を務め、35歳で中国共産党の要職に抜擢(ばってき)された戚は、文化大革命(文革)の推進者だった。

劉少奇(※1)の批判論文を党機関誌に発表し、失脚に追い込む急先鋒(せんぽう)となった。党最高幹部が居住・執務する中南海に紅衛兵(※2)を入れ、指導者だったトウ小平らをつるし上げた。

1983年、戚は文革の責任を問われて懲役18年の判決を受け、共産党の党籍も剥奪された。出所後、上海市内で偽名を使いひっそりと暮らしていたが、「時代」が彼を呼び戻す。

講演や執筆を通じて文革の正当性を主張する一方、戚を断罪したトウ小平が主導する改革開放路線(※3)を、「革命を裏切った修正主義」と痛烈に批判した。

戚が活動を再開したのは2012年秋。習近平が党総書記に就任したのとほぼ同じ時期だ。

■ ■

赤い嵐。そう呼ばれる文革は、1966年から約10年にわたり中国全土で吹き荒れた。文革直後の高官によると全人口の9分の1に当たる1億人が迫害され、約2千万人が死亡、政府幹部の75%が失脚した。

東北部に下放され重労働を強いられた作家、梁暁声は、「強大な政治圧力の中で、人々は良識だけでなく羞恥心すら捨てなければ生き残れなかった。中国の歴史の中で最も暗黒の10年だった」と振り返っている。

毛沢東の死去に伴い、文革を推進した十数人の中心メンバーは反文革派に一網打尽にされた。筆頭副首相だった張春橋は獄死、毛夫人の江青は自宅で首をつって自殺した。多くが悲惨な末路を迎えたが、戚だけが習近平の時代に再び脚光を浴びた。

戚は江沢民、胡錦濤には否定的だったが、習近平だけは高く評価していた。

■ ■

2013年の香港紙、明報の取材で戚は、「習氏には毛主席の後継者になってほしい。特権階級を倒し、中国の進路を資本主義の道から社会主義の道に戻してもらいたい」と語っていた。

「戚の後ろにいるのは習近平国家主席だ」

そう語る関係者によると、習は上海市書記だった07年ごろに戚と面会しており、ここ数年は側近を通じ「何も恐れることはない。積極的に発言してほしい」などと伝えていたという。

戚の葬儀には中国の左派系団体関係者らが参列。直接面識はないが理念に共鳴した人も多かったとされ、贈られた花には「毛主席の忠実な教え子」などの言葉が添えられていたという。

中国で長くタブー視されてきた文革を肯定する動きが、ここにきて加速しているようにみえる。米誌タイムは4月、習近平と毛沢東の統治手法の類似性を指摘する記事を掲載。赤一色の表紙は習近平の後ろに毛沢東が控えているイメージのものだった。

習が党トップ就任の5年も前に戚に面会していたのなら、その理由は何か。そして、文革は形を変えて再来しつつあるのだろうか。

■ ■

トラックの荷台で数人が立ったまま後ろ手に縛られ、首から「死刑」と大きく書かれたプラカードをぶら下げている。記された個々の名前には大きな×印が付けられている。

「本当に狂った時代だった」。そう話す北京の大学教授は小学生だった文革の時代に、何度も目撃した見せしめの光景が今も忘れられない。ほとんどの罪状は「反革命罪」だが、「毛沢東像を壊した」といった行為が多かったことを後で知った。