日本アニメパワー

中東からも熱視線! 「進撃の巨人」「Fate」など海賊版の横行を断つには?

【日本アニメパワー】中東からも熱視線! 「進撃の巨人」「Fate」など海賊版の横行を断つには?
【日本アニメパワー】中東からも熱視線! 「進撃の巨人」「Fate」など海賊版の横行を断つには?
その他の写真を見る (1/4枚)

 アニメや漫画など日本発のポップカルチャー人気が世界各地で若者を中心に高まっている。中東諸国をはじめ普段日本と馴染みの薄い地域も同様に「火」がつき始めたが、アニメや漫画、関連グッズなどの正規品が流通しておらず、海賊版に頼らざるを得ないのが現状だ。こうした流れを打破するための取り組みが始まっている。(本間英士)

「コミケ」超える動員力

 まず、世界での動向について触れたい。約30カ国・地域のアニメやコスプレなどのイベントを統括する「国際オタクイベント協会」によると、世界では年間で約1千のイベントが開催されている。

 特に人気なのは東アジアだ。中国で毎年行われる世界最大級の「中国国際動漫節」には約1週間で約140万人(主催者発表)が来場する人気ぶり。日本最大規模の同人誌即売会「コミックマーケット(コミケ)」が3日間で約52万人であることを考えても動員力のすごさは一目瞭然だ。

 また、フランスでは「ジャパンエキスポ」が開かれ、日本文化のパビリオンとして定着。人気の波は南米にも波及しており、「アニメフレンズ」(ブラジル)などには多くの現地ファンが訪れる。「聖闘士星矢」や「美少女戦士セーラームーン」などが人気で、熱心なファンは「ラブライブ!」など新しいアニメもチェックしているという。

 そしてロシアで日本発のコスプレ人気が続いていることは、メディアを通じてよく知られている。

日本産グッズが欲しい

 そして、ついに中東地域からも日本発コンテンツに熱視線が集まり始めた。

 「アニメグッズが欲しくても手に入らないんだ」「2万~3万円のフィギュアでも買いたい!」

会員限定記事会員サービス詳細