台湾新総統

岸田外相「歓迎する」 新政権に期待感

 岸田文雄外相は20日午前の閣議後会見で、台湾の民主進歩党の蔡英文主席が同日、総統に就任したことを歓迎し「日台間の協力と交流のさらなる深化をはかっていきたい」と新政権への期待感を示した。

 岸田氏は「台湾はわが国にとって基本的な価値を共有し、緊密な経済関係と人的往来を有する重要なパートナーであり、大切な友人だ」と強調。その上で、馬英九前総統が日本に対して強行な姿勢を取った沖ノ鳥島周辺の排他的経済水域(EEZ)問題や慰安婦問題について「意思疎通を図っていきたい」と述べた。

会員限定記事会員サービス詳細