石原慎太郎&亀井静香会見・ダイジェスト版

トランプ氏に「なめたらあかんぜよ!」…外国人記者を前に吠えた会見の模様を振り返る

【石原慎太郎&亀井静香会見・ダイジェスト版】トランプ氏に「なめたらあかんぜよ!」…外国人記者を前に吠えた会見の模様を振り返る
【石原慎太郎&亀井静香会見・ダイジェスト版】トランプ氏に「なめたらあかんぜよ!」…外国人記者を前に吠えた会見の模様を振り返る
その他の写真を見る (1/4枚)

 トランプ氏に挑戦状-。元東京都知事で作家の石原慎太郎氏(83)と元運輸相の亀井静香衆院議員(79)が19日、東京都千代田区の日本外国特派員協会で記者会見し、米大統領選の共和党の有力候補、ドナルド・トランプ氏(69)に、日米関係や国際情勢に関する意見交換を申し込んだことを明らかにしました。

 日米安全保障条約を不公平だと主張し、日本批判を強めるトランプ氏。記者会見で石原氏は「あまりに日本を知らない」と批判した上で「『なめたらあかんぜよ』と言いたい」と声を上げました。亀井氏も「主張に米国のエゴがある。極端な保護主義を取られた場合、世界も日本も大変なことになる」と危機感を募らせています。

 産経ニュースでは、5月19日の会見詳報3本を掲載しています。石原、亀井両氏がトランプ氏のみならず、東京都の舛添要一知事にも言及するなどした会見の模様は下記からご覧ください。

【石原慎太郎・亀井静香会見詳報(1)】石原慎太郎、亀井静香両氏、トランプ氏に挑戦状 石原氏「なめたらあかんぜよ」と吠える

【石原慎太郎・亀井静香会見詳報(2)】亀井氏「米は反省すべきだと、トランプ氏には申し上げたい!」、石原氏「全部日本製!」

【石原慎太郎・亀井静香会見詳報(3・完)】石原氏「中国は必ず崩壊する」、亀井氏「中国は(尖閣を)俺のもんだと言わん方がいい」