政界徒然草

菅義偉官房長官が官邸内を猛ダッシュ! 熊本地震で見えた政府の危機管理能力

熊本地震の発生直後に開かれた政府の第1回非常災害対策本部会議で挨拶する安倍晋三首相(右列奥から2人目)=4月14日夜、首相官邸(長尾みなみ撮影)
熊本地震の発生直後に開かれた政府の第1回非常災害対策本部会議で挨拶する安倍晋三首相(右列奥から2人目)=4月14日夜、首相官邸(長尾みなみ撮影)

 ドドドドドド…! 熊本県を中心として震度7の大地震が発生した4月14日夜、東京・永田町の首相官邸のエントランスにも地鳴りのような大きな音が響き渡った。

 音の発信源は、地震発生で急遽、官邸に駆けつけた菅義偉官房長官と、菅氏に群がる報道陣だった。菅氏は「猛ダッシュ」でエントランスホールを駆け抜けて奥のエレベーターに向かったため、被害状況や政府の対応策などを取材しようと記者たちが慌てて追いかけたからだった。

 菅氏は昨年2月、イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」(IS)が日本人を殺害したとされる映像が公開された際も、エントランスを猛ダッシュで駆け抜けた。エントランスに控えるテレビカメラがその姿をとらえることで、安倍晋三政権の初動対応を国民にアピールする効果もあったとされる。

 今回の熊本地震は、安倍政権が発足してから最も大きな地震災害となった。菅氏が官邸に入った直後、安倍首相も会合先から官邸に舞い戻り、記者団の取材に対し「状況の把握に全力を尽くす」などと応じた。

 首相は官邸に戻る間、被害状況の把握や災害応急対策、国民への正確な情報提供などを関係省庁に指示。発生から約1時間半後には関係閣僚や防災担当者が官邸に集まり、最初の非常対策会議を開催した。

 当時は、自民党公認候補の苦戦が伝えられていた衆院北海道5区補選(4月24日投開票)の選挙戦のまっただ中。安倍政権が対応を一歩間違えれば野党を勢いづける恐れも十分にあり、初動の遅れは許されなかった。

会員限定記事会員サービス詳細