武蔵小金井駅で券売機から1300万円盗む 容疑で元駅員逮捕

 小金井市のJR武蔵小金井駅で自動券売機から売上金約1300万円を抜き取ったとして、警視庁捜査3課は18日、窃盗と建造物侵入の疑いで、同駅に勤務していたJR東日本元契約社員、田中智也容疑者(20)=詐欺未遂容疑で逮捕=を再逮捕した。調べに対し黙秘している。

 逮捕容疑は4月3日未明、武蔵小金井駅に侵入し、自動券売機から約1300万円などを盗んだとしている。田中容疑者は武蔵小金井駅に勤務していたが、4月30日付で自己都合により退職していた。事件当日は休みだったが、同僚のIDカードを使って券売機のカギが入った保管庫を開けたとみられる。

 田中容疑者は使用済みの特急券を別の駅で払い戻そうとした詐欺未遂の疑いで、5月11日に逮捕されていた。

会員限定記事会員サービス詳細