党首討論詳報(3)

安倍首相、改憲案は「たたき台」、民進案の提示要求も岡田代表は「出すつもりない」

 岡田氏「自民党の憲法改正案の9条2項には『自衛権の発動を妨げない』と書いてある。その自衛権の意味は、国連憲章に書いてある集団的自衛権の行使、つまり限定したものということではなく、全面的なフルスペックの集団的自衛権の行使、と言われている。そうすると、憲法改正草案で禁止されているものは一体何か。今、侵略戦争と言われた。侵略戦争は国連憲章上、もちろん禁止されている。そんなことは言わずもがなだ。わざわざ侵略戦争しません、と言わないことが、平和主義とは言わない。平和主義という名の下で、どういう国家としての行為が封じられているのか」

 安倍首相「わが党の憲法改正草案だが、これはわれわれが野党時代に作ったものだが、約70年間、指一本触れてはならない、憲法議論はしてはならないという空気を変える大きな一石を投じるものとなったと思っている。そして、憲法改正の草案だ。憲法改正というのは、衆参でそれぞれ3分の2を得なければならない。その上で、国民投票で過半数の賛成を得て成立する。つまり、3分の2を得る中において、もちろん自民党で衆参それぞれで、3分の2を得ることは不可能だ。おそらく与党においても不可能だろう。多くの方々に賛同を得る、その道というのは憲法審査会で議論を深めることだ。前文からすべての条文について私たちの案はお示しをしている」