世界を読む

ハニー・トラップ強豪国中国が女性に厳命…「イケメン白人」に気をつけろ!マンガで警告「デンジャラスLOVE」

 そして、デービッドは研究に必要だからと、シャオ・リーに内部資料を持ち出すよう要求。デービッドを信じていたシャオ・リーは求めに応じたが、その後、デービッドは行方をくらませて連絡がつかなくなる。

 やがて、警察がやってきてシャオ・リーは逮捕される。さらに、デービッドもスパイとして逮捕されたことを知らされる。マンガでは警察官2人の前に座らされ、手錠をかけられた両手で顔を覆って泣くシャオ・リーが描かれている。

ハニー・トラップの注意喚起に「どの口が…」

 中国では、今年から4月15日を「国家安全教育日」と制定している。政府による「危険な愛」の警告ポスターは、この国家安全教育日に合わせた啓発キャンペーンの一環だ。また、このポスターは主に地方自治体の公共掲示板に掲出されており、一般の公務員らを対象にしているという。

 中国のテレビも過去のスパイ事件について詳しく報道するなど、習指導部が「国家安全」に対する人民の意識を高め、スパイ行為の防止を徹底させようと神経を尖らせているようにも映る。

 ただ、中国が仕掛けるとされるハニー・トラップは、欧米や日本にとっては脅威とみなされている。

 英メディアがかつて報じたところでは、英国防省は諜報機関の上級職員向けに、中国のハニー・トラップ対策マニュアルを策定したほどだ。マニュアルは中国のハニー・トラップについて「手法は巧妙かつ長期的。中国人諜報員は食事と酒の有効性を知り尽くしている」とし、「中国の情報に対する貪欲さは広範囲かつ無差別だ」と分析している。