大阪女子短大が閉学へ 入学希望者減少で経営状況が悪化 - 産経ニュース

メインコンテンツ

大阪女子短大が閉学へ 入学希望者減少で経営状況が悪化

 大阪女子短大(大阪府藤井寺市)を運営する学校法人谷岡学園は17日、同短大が平成29年度の学生募集を停止し、在校生の卒業後に閉学すると発表した。入学希望者の減少など経営状況の悪化が理由という。

 同短大は昭和30年に開学し、現在は生活科学科と幼児教育科に計約520人が在学している。

 付属の大阪女子短大高校は存続するが、名称変更を検討する。