浪速風

カツオ好きの嘆き

食通で知られた池波正太郎さんの仕掛人・藤枝梅安シリーズに「梅安鰹飯」という短編がある。相棒の彦次郎がカツオを持って訪ねてくる。「梅安さん、まず、刺身にしようね?」「むろんだ」「それから夜になって、鰹(こいつ)の肩の肉を掻(か)き取り、細かにして、鰹飯にしよう」。

▶カツオのそぼろをご飯にのせ、ネギを薬味にだし汁をかけた料理のようだ。「よく湯がいて、よく冷まして、布巾に包んで、丁寧に揉(も)みほぐさなくてはいけない」と梅安が口を出す。なるほど昔から江戸っ子がカツオ好きだったのがわかる。そのカツオが近年、不漁続きという。

▶赤道付近で育ち、黒潮に乗って日本近海にやって来るのを一本釣りするが、その前に外国船が巻き網漁でごっそり取ってしまう。秋のサンマも同様に漁獲量が減少している。「目には青葉山ほととぎす初鰹」の返歌となる川柳に「目と耳はただだが口は銭がいり」。季節の味は高値の花になってしまうのか。