おおさか維新が公選法改正提案 山尾志桜里政調会長の件「黒に近い」 - 産経ニュース

メインコンテンツ

おおさか維新が公選法改正提案 山尾志桜里政調会長の件「黒に近い」

衆院予算委員会で質問に立つおおさか維新の会の馬場伸幸幹事長=16日午後、国会・衆院第1委員室(斎藤良雄撮影)
衆院予算委員会で質問に立つおおさか維新の会の馬場伸幸幹事長=16日午後、国会・衆院第1委員室(斎藤良雄撮影)

 民進党の山尾志桜里政調会長が支部長を務める愛知県内の政党支部が選挙区内の有権者に花代や香典を支出していた問題を受け、おおさか維新の会の馬場伸幸幹事長が16日の衆院予算委員会で、政党支部による寄付行為禁止を明文化する公職選挙法改正を訴えた。

 予算委では総務省の担当者が政党支部による寄付について「氏名を表示し、または氏名が類推されるような方法で寄付をしてはならない」と説明。その上で「公選法に抵触するか否かは個別の事案ごとに具体の事実に即して判断される」と答弁した。

 これに対し、馬場氏は「長期間政治家をすると、『あの方は支部長さんだ』と有権者に浸透する。支部長となると一人しかいない。誰なのかはすぐに類推ができる」と強調。山尾氏の例は「黒に近い」との認識を示し、与野党に法改正を訴えた。