浪速風

セコイやっちゃなあ!

記者の質問に答える東京都の舛添要一都知事=13日午後、東京都新宿区の都庁(早坂洋祐撮影)
記者の質問に答える東京都の舛添要一都知事=13日午後、東京都新宿区の都庁(早坂洋祐撮影)

金銭感覚は東西で違いがある。「これ、いくらに見える?」は、東京では「高かったのよ」だし、大阪なら「安かってん」が自慢になる。見栄っ張りの東京人に対して、大阪人はケチだと言われるが、始末する、すなわち無駄遣いはしないのである。東京都の舛添要一知事はどちらだろう。

▶温泉ホテルに宿泊した家族旅行の費用を政治資金収支報告書に記載していた。ほかにもイタリア料理店や回転ずし、天ぷら店での飲食費も。海外出張はファーストクラスで、高級ホテルのスイートルームだし、週末には公用車で別荘に出かける。我々にはこんな湯水のごとくお金を使える便利な財布はない。

▶おっと、温泉ホテルは「事務所関係者」と都知事選などの会議を開いたのでしたっけ。私的費用は会計責任者が誤って収支報告書に計上したのですよね。「誤解を招いた」ので返金する、と。でも、誰も納得しませんよ。大阪ならこう言われるでしょう。「セコイやっちゃなあ」