「阪堺電車」の車内で起こる心温まるストーリーが人気 オムニバスドラマを公開

「阪堺電車」の車内で起こる心温まるストーリーが人気 オムニバスドラマを公開
「阪堺電車」の車内で起こる心温まるストーリーが人気 オムニバスドラマを公開
その他の写真を見る (1/2枚)

 大阪市と堺市を結ぶ阪堺電気軌道の車内で起きた日常の出来事をテーマにしたオムニバスドラマ「阪堺電車」が人気を集めている。堺市の高校生たちがつくったシナリオを同市出身の脚本家、今井雅子さんが監修し、堺市西区の羽衣国際大の学生たちが映像制作を手がけた「オール堺の地域ムービー」。市のホームページ(HP)などで公開したところ、心温まるストーリーにアクセスが伸びている。

 このドラマは、車内で起きたちょっとした出来事をつづった5分あまりの全6話で構成。シナリオは、平成25年に開催された市主催のワークショップに参加した高校生たちが手がけた。NHK連続テレビ小説「てっぱん」などで知られ、堺親善大使も務める今井さんが一本にまとめた。

 撮影は昨年8~12月、羽衣国際大放送・メディア映像学科の学生が担当。車内でロケを行った。今年2月に羽衣学園講堂(高石市)で行われた完成披露の上映会では、約820人が集まり好評を博した。

会員限定記事会員サービス詳細