【次世代モビリティー】まるでガンダム…老若男女が使える「シルバーカー」は4通りに変形 高齢化時代の「移動」の姿とは?(3/4ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

次世代モビリティー

まるでガンダム…老若男女が使える「シルバーカー」は4通りに変形 高齢化時代の「移動」の姿とは?

中国勢、ベンチャーも

 次世代モビリティーの分野は中国勢やベンチャーも黙っていない。

 中国メーカーINMOTIONの代理店「A.M.Y.クリエイティブ」(東京)は、立ち乗り電動二輪車セグウエイにそっくりな「R1EX」を展示。セグウエイの3分の1にあたる29万8千円という異例の低価格で、「テーマパークで導入実績がある。電動なので大学構内など静粛さが必要な場所で役立つだろう」と話す。

 このほかベンチャーの「ジード」(横浜)は世界最小・最軽量をうたう2人乗り電気自動車のプロトタイプをデモ展示。ハンドルの前のイスに高齢者を乗せて移動できる設計で、「老老介護に対応する」(担当者)と語った。

スマホアプリで路面メンテ

 もっとも、こうした「次」を担うモビリティーも、路面が凹凸や段差だらけだとスムーズな走りは無理だ。