歴史戦 南京が顕彰した男(上)

南京記念館が賛美する元朝日記者 大虐殺の宣伝に貢献「小日本にもスゴい記者が…尊敬するよ」

【歴史戦 南京が顕彰した男(上)】南京記念館が賛美する元朝日記者 大虐殺の宣伝に貢献「小日本にもスゴい記者が…尊敬するよ」
【歴史戦 南京が顕彰した男(上)】南京記念館が賛美する元朝日記者 大虐殺の宣伝に貢献「小日本にもスゴい記者が…尊敬するよ」
その他の写真を見る (1/3枚)

 「小日本(日本人に対する蔑称)の中にもスゴい記者がいたんだね。尊敬するよ」

 中国・江蘇省南京の「南京大虐殺記念館」。展示の後半にある「南京大虐殺史学研究及(およ)びその影響」というコーナーに掲げられたある男性の写真や著作に見入っていた50代の女性が、複数の同行者に大声で話しかけた。団体旅行とおぼしき年配の集団で、おそろいのピンクの帽子には浙江省寧波の地名が読み取れた。

 1997年に『ザ・レイプ・オブ・南京』を著した中国系米国人アイリス・チャンの紹介の左隣に大きなサングラスをかけ、素顔を隠した人物の写真が並ぶ。男性は元朝日新聞記者、本多勝一。「大虐殺」を世界に周知するうえで大きな貢献をした数人の日本人のひとりとして本多は顕彰されているのだ。

■   ■

 館内の展示は大半が中国語と英語のほか、日本語の説明も記されている。顔写真の真下に展示されていた本多の著書。ガラスケースの中には『南京への道』『裁かれた南京大虐殺』『中国の日本軍』など5冊が並べられていた。

 のぞき込んだ60代の男性は「日本人が研究した南京大虐殺の真相の本なんだから、なんで日本人全員が読んで謝罪しないんだ?」と、横にいた女性に向かって話した。