三菱自、日産傘下へ

「これからどうなるのか」「顧客に説明できない」三菱自販売店関係者に不安広がる

 三菱自動車が日産自動車の傘下入りを目指し最終調整していることが明らかになった12日、三菱自の販売店に不安が広がった。燃費データの改竄(かいざん)問題では、不正のあった車種が広がる可能性が浮上。「これからどうなるのか」「何も情報がない」。販売店の担当者からは、大きなため息が漏れた。

 「(日産との業務提携は)昨夜のニュースで初めて知った。それまで何も聞かされていなかった。本当に驚いている」

 四国地方のある販売会社の男性代表者は、不安そうな様子で話した。

 三菱自が4月に軽自動車4種類の燃費データ不正を公表し、その後は顧客への説明や謝罪に連日、追われていたという代表者。「やっぱり三菱の車は信じられない」。顧客からこうした厳しい言葉を浴びせられることはあったが、意外にも励ましの言葉が多く、代表者も「何とか三菱の車の信頼を取り戻したい」と決意を新たにしていたという。

 その矢先、日産との資本業務提携が明らかになった。代表者は「自分たちはこれからどうなるのだろうか。(傘下入りを)どう顧客に説明していいのか分からない」とこぼした。

 「大型連休中に来店する人の数が減るなど、販売への影響は大きかった」と明かすのは、大阪府内のある販売店の男性代表者。日産との資本業務提携についても「何も情報が与えられておらず、コメントできない」と言葉少なだった。

会員限定記事会員サービス詳細