浪速風

「出来ない昔にもどれない」としても

オバマ米大統領の広島訪問を、中国、韓国はお気に召さないらしい。両国のメディアは「侵略戦争の加害者」を「被害者」と印象付ける、と反発した。かつての日本は「悪い国」でなければならないのだ。だから原爆投下を「戦争の早期終結のため」と正当化する米国を仲間と思っていたのだろう。

▶日本側が謝罪を求めないのも理解できないのではないか。できれば、慰霊碑の前で「安らかに眠って下さい 過ちは繰返しませぬから」(碑文)と誓っていただきたいが、なにより現職の大統領が被爆地を訪れ、実相を目にすることに大きな意味がある。そして、どのようなメッセージを発するかに注目する。

▶コラムニストの山本夏彦さんは「ひとたび出来てしまったものは、出来ない昔にもどれない」と言った。つい先日、北朝鮮が誇らしげに核保有国を宣言した。目指す「核兵器なき世界」の実現は遠いが、決して使わせてはならない。広島、長崎こそが抑止力である。