【産経抄】共産党(コミュニスト)と「一生懸命連携」しても「選挙協力」ではない…さっぱり訳がわからない 5月7日(1/2ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

産経抄

共産党(コミュニスト)と「一生懸命連携」しても「選挙協力」ではない…さっぱり訳がわからない 5月7日

 これほどあからさまな詭弁(きべん)は、めったに耳にできないだろう。民進党の細野豪志元環境相は3日、米ワシントンでのシンポジウムで、政権を目指す野党第一党として、夏の参院選に向けて共産党と協力する姿勢について強調した。「われわれは選挙協力という言葉も使っていません」。

 ▼聴衆はきつねにつままれたような気分ではなかったか。先月の衆院北海道5区補選では、民進党と共産党はまさに手を取り合って野党統一候補を支援した。細野氏自身も共産党幹部と一緒に街宣車に立った。共産党を「シロアリ」と酷評していた前原誠司元外相は、握手も交わしていた。

 ▼これが選挙協力でないとしたら何なのか。選挙協力とさえ口にしなければ実態を隠せると考えているとすれば、ずいぶんと有権者をなめた話である。シンポに参加した米識者の対日不信も招きかねない。