【2016参院選】297人出馬予定 20選挙区で野党統一候補(2/2ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

2016参院選

297人出馬予定 20選挙区で野党統一候補

 自民、公明両党は、選挙区、比例代表ともほぼ候補擁立にめどをつけた。非改選の76議席と合わせて参院過半数の維持を目標に掲げる。自民党は改選50議席に7議席を上積みすれば27年ぶりの単独過半数となる。

 一方、43人が改選を迎える民進党は野党同士の共倒れを防ぐため、改選1人区で共産、社民、生活の各党と選挙協力を進め、ほぼ全ての選挙区で公認候補か「野党統一候補」を擁立。さらに数選挙区で選挙協力が成立しそうだ。共産党は選挙協力が成立した改選1人区の公認候補を比例代表に回した。おおさか維新の会は比例代表に候補者を積極的に擁立し党勢拡大を目指す。

 参院選の投開票日は7月10日が有力。公示日は選挙期間を通例の17日間とすると6月23日になるが、沖縄の「慰霊の日」と重なるため、与党内で公示日を22日以前に前倒しする案が出ている。「一票の格差」是正のため「鳥取・島根」「徳島・高知」で選挙区を統合する合区が導入される。選挙権年齢の引き下げで、18、19歳の約240万人が有権者に加わる見通しだ。