屋外水族館に恒例パレード GW神奈川県内各地でイベント

 ゴールデンウイーク後半が始まった3日、県内各地で観光客や家族向けのイベントが行われ、多くの人でにぎわった。

 横浜DeNAベイスターズは5日まで家族で楽しめるイベント「ファミリーボールパーク2016」を開催している。横浜スタジアムの球場外イベントスペースにはヨコハマおもしろ水族館(横浜市中区)からサメ関連の展示を借りてきた屋外水族館がお目見えした。

 深海ザメの一種、ミツクリザメの冷凍標本やネコザメやドチザメに触ることができるタッチプールに子供たちは大興奮。家族と試合観戦に来た厚木市の小学6年、石田祐太君(11)は「普段見られないサメに触れてよかった。試合も楽しみ」と笑顔だった。

 同区内では3日、横浜のゴールデンウイークの風物詩「第64回ザよこはまパレード(国際仮装行列)」も開催された。

 スーパーパレードは山下公園前から横浜赤レンガ倉庫前や馬車道商店街などを経由し、伊勢佐木町まで全長3・4キロを練り歩いた。フロートに乗ってパレードに参加した黒岩祐治知事や上野孝横浜商工会議所会頭も笑顔で手を振っていた。

会員限定記事会員サービス詳細