話の肖像画プレミアム

渡辺元智(71)=横浜高校野球部前監督=「松坂大輔は素質だけではない…常に練習してた」 

【話の肖像画プレミアム】渡辺元智(71)=横浜高校野球部前監督=「松坂大輔は素質だけではない…常に練習してた」 
【話の肖像画プレミアム】渡辺元智(71)=横浜高校野球部前監督=「松坂大輔は素質だけではない…常に練習してた」 
その他の写真を見る (1/4枚)

球児と半世紀「高校野球は私の恩師」

 〈監督として甲子園歴代3位タイの51勝を挙げ、全国制覇は5回。多くの教え子をプロへ送り込んだ名伯楽が昨夏限りでユニホームを脱いだ。半世紀に及ぶ指導者生活。横浜高校野球部を語るとき、全国屈指の強豪に育てたこの名将を抜きに語ることはできない〉

 高校野球と甲子園は私を育ててくれた恩師であり、人生そのものです。監督を退いてから半年以上たちますが、やり残したことが思い浮かばないほど、充実の50年です。現在の部員には、私を慕って横浜高校を選んでくれたという責任を感じているのでグラウンドに顔を出しますが、本格的に現場に復帰することはないです。

 〈指導者として信念を貫きつつ、時代と教え子の気質の変化に対応しながら指導方法を模索し続けた50年でもあった〉

 監督をしていた間、「選手に勝たせたい」という思いはぶれなかった。一方で選手との向き合い方は大きく変わりました。最初は鉄拳制裁も辞さずに、スパルタ式で練習をやらせたものです。時代が大きく変わって「カラスは白い」と選手に強いているだけでは付いてこなくなった。高校生目線を意識して、生徒とのコミュニケーションを取るためにメールも学んで心を開かせるようにした。監督と選手といっても、人が人を動かすのだから間に愛情がなくてはいけない。この信頼関係を築けたからこそ、結果も残せたのだと思います。

 〈グラウンドを離れても選手を社会で役立つ人間に育てるという思いは変わらない〉

会員限定記事会員サービス詳細