【神戸・三宮暴走】「車が女性2人をボンネットに乗せて走っていった」「運転手はろれつ回らず」目撃者証言 - 産経ニュース

メインコンテンツ

神戸・三宮暴走

「車が女性2人をボンネットに乗せて走っていった」「運転手はろれつ回らず」目撃者証言

JR三ノ宮駅近くで銅像の台座に突っ込んだ車=3日午前11時50分、神戸市中央区(沢野貴信撮影)
JR三ノ宮駅近くで銅像の台座に突っ込んだ車=3日午前11時50分、神戸市中央区(沢野貴信撮影)

 3日午前、神戸市中央区加納町のJR三ノ宮駅北側の交差点で起きた暴走事故。

 目撃した市内に住む20代の男性会社員は「信号待ちをしていたらドーンという大きな音がし、その方向を見ると、車が女性2人をボンネットに乗せて疾走していた。かなりのスピードが出ていて、2人はボンネットから振り落とされて車輪に巻き込まれた。通行人から悲鳴が上がり、現場は騒然となった」と振り返った。

 また、別の会社員男性(24)は「運転手に声をかけたが普通に話すことができず、ろれつが回っていなかった。目の焦点も合っていなかった。ひどい事故だった」と話した。

 現場は神戸市中心部の飲食店などが多く集まる繁華街。連休中の3日は多くの人が訪れていた。