憲法記念日

安倍政権の周辺には戦前の亡霊!? 安倍政権は「絶望的」 憲法川柳も 水戸市で憲法フェスティバル 

【憲法記念日】安倍政権の周辺には戦前の亡霊!? 安倍政権は「絶望的」 憲法川柳も 水戸市で憲法フェスティバル 
【憲法記念日】安倍政権の周辺には戦前の亡霊!? 安倍政権は「絶望的」 憲法川柳も 水戸市で憲法フェスティバル 
その他の写真を見る (1/4枚)

 憲法記念日の3日、水戸市千波町の千波公園では「憲法フェスティバル」(実行委員会主催)が開催され、参加者は憲法9条の堅持や、安全保障関連法の廃止などを訴えた。その声につぶさに耳を傾けると…。

 ステージではまず、実行委員会の代表を務める、茨城大の田村武夫名誉教授が「改憲反対を唱える私たちこそ多数派だ」と訴えた。

 夏の参院選に向け野党候補を支援する「茨城県市民連合」共同代表の元美浦村長の市川紀行さんも登壇。「安倍晋三政権を絶対に止めなければならない。政権周辺には戦前の亡霊がうようよしている。それをたたき潰さないと」と声を張り上げた。

 その後、「明日の自由を守る若手弁護士の会」共同代表、黒沢いつきさんが基調報告した。

 黒沢さんは安倍政権について「知性と理性で国を治めようという気がなく、あまりにも危険な政権」と表現。「特定秘密保護法は、戦争ができる国にするための地ならし。憲法解釈変更の閣議決定は、立憲主義を否定している」と述べた。「主権者としての自覚に目覚めた国民の怒りは衰えない。この絶望的な安倍政権を終わらせましょう」と締めくくった。