皇室ウイークリー

(番外編)葉山や那須だけではなかった 戦前に数多くあった皇室の御用邸は今…

【皇室ウイークリー】(番外編)葉山や那須だけではなかった 戦前に数多くあった皇室の御用邸は今…
【皇室ウイークリー】(番外編)葉山や那須だけではなかった 戦前に数多くあった皇室の御用邸は今…
その他の写真を見る (1/16枚)

 天皇、皇后両陛下、皇太子ご一家をはじめ皇族方が静養の場として使用される御用邸。現在は栃木県那須町の那須御用邸、神奈川県葉山町の葉山御用邸、静岡県下田市須崎の須崎御用邸の3つがあるが、実は以前はもっとたくさんあった。

 よく知られているのは、静岡県沼津市の沼津御用邸だろう。沼津御用邸は明治26年に皇太子時代の大正天皇が静養するために造られたものだ。

 本邸のほか、皇孫の「御学問所」として建設された東付属邸、昭和天皇の養育主任だった川村純義伯爵の別荘を買い上げた西付属邸があり、戦時中の昭和20年に本邸が空襲で焼失した後は西付属邸が本邸の役割を果たしていたが、44年に御用邸の役目を終えている。

 全国有数の温泉地である群馬県の伊香保温泉にも戦前には御用邸があった。終戦の皇室財産の整理で廃止された伊香保御用邸だ。現在は跡地が群馬大学の伊香保研修所となっている。神奈川県箱根町宮ノ下の富士屋ホテルで「菊華荘」として使用されている施設も、戦後の昭和21年に払い下げられた旧・宮ノ下御用邸だという。

会員限定記事会員サービス詳細